「バジリスク 〜甲賀忍法帖〜」

私が今回お勧めしたいアニメ作品は、「バジリスク 〜甲賀忍法帖〜」です。この作品は2005年4月から9月にかけて独立UHF局にて放映されていた、漫画を原作としたアニメ作品です。内容としては、江戸時代初期の徳川家康公の跡継ぎをめぐり、甲賀と伊賀という二つの忍びの里が死闘を繰り広げるという、歴史エンターテイメント作品となっております。それぞれの忍びの里には甲賀卍谷衆と伊賀鍔隠れ衆という忍びの衆がおり、跡継ぎ決めの死闘には10名ずつの忍びが任命されて戦い合います。主人公は甲賀卍谷衆の若頭・甲賀弦之介で、彼は殺意を帯びて襲いかかった者を自滅させる「瞳術」の使い手として物語の中枢人物として活躍します。またヒロインは伊賀鍔隠れ衆の姫君とも称される朧という人物で、彼女もまた見るだけであらゆる忍法を強制的に破る「破幻の瞳」という瞳術を目に宿しています。実はこの殺し合う運命にある二人ですが、幼少期からの顔なじみであり、互いに恋心を抱きあっているはかない関係にあるのです。しかしお互い里を代表する立場にあるため、もちろん駆け落ちするわけにはいきません。そんな運命のいたずらが災いして結ばれない二人の恋仲も本作の面白さの一つかもしれません。また彼ら以外にも特殊な能力を持った忍びは多数登場し、不死の体をもつ薬師寺天膳や弦之介同様、瞳術を使いこなす室賀豹馬といった人気キャラクターがいます。彼らの想像を絶するような死闘もまた作品の醍醐味であり、戦いの中ではかなくも散ってゆく忍びの姿に涙したり、得も言われぬ感動を覚える方も少なくないかと思います。まとめますと本作は忍び同士の激しくもはかない死闘を描きながらも、ロミオをとジュリエットのような二人の立場が災いして決して結ばれることのない弦之介と朧の恋愛模様も楽しむことができる面白さがある作品で、あらゆる層のうけるアニメです。この「バジリスク 〜甲賀忍法帖〜」ですが、実はパチスロの人気台として現在も稼働中で、むしろアニメよりもそちらの方が強く印象に残っているという方も多いかと思います。せっかくの機会ですので、この記事を読んだのを機に、アニメ作品も視聴して理解を深めた上でスロットをしてみても、新たな発見が得られるかもしれません。