はまったら抜け出せなくなる【少女革命ウテナ】

私が一番オススメのアニメは1997年に放送を開始した《少女革命ウテナ》です。小学館から出た漫画が原作なのですが、アニメ終盤になると少しエロい表現もでてきます。当時私は小学生だったのですが、周りにはこのアニメを見ている友達はほとんどいなかったです。主人公は天上ウテナ、男装の美人少女。お金持ちが多い中等部に編入してきた転校生です。そこでは真剣での決闘があり、強いものだけが認められ、薔薇の花嫁というアジア美人のアンジーを手にいれることがあります。ウテナははじめ決闘に興味はなかったのですが、当時の勝者がアンジーを奴隷のように扱っているのをみて助けたいと思い決闘へとすすみます。そしてギリギリながらも決闘に勝ちアンジーを手に入れます。それからも幾度どなくイケメンの挑戦者が現れるのですが、ウテナは勝ち続けアンジーを守ります。アニメの後半の時間に決闘のシーンに入っていくのですが、そこで使われている導入歌もアニメとマッチしていてとても良いのです。歌詞は意味のない文字も並べられていますが、メロディーの部分が1回聞いてしまうと頭に残り癖になってしまいます。今でも私はネットで調べて聞いてしまうくらいです。話は戻りますが、アニメの最終回へと近づいていくと、新しいイケメンが登場します。そしてウテナは少しづつ彼に惹かれていくのですが、それがなんとアンジーの兄なんです。アンジーと兄の関係には秘密があり、アニメの映像には全て映りませんがどうやら体の関係を思わせるシーンがでてきます。小学生の私が見れる時間帯だったので、交わりがある点、しかも兄弟という点に本当に刺激をうけたのを覚えています。どうやらアンジーは兄に従うしかない状況だったのですが、その状況に気づいたウテナは恋心より友情を優先しアンジーを守ろうとします。アニメの最後ではウテナとアンジーは離れ離れになりますが、兄の呪縛からアンジーが逃げウテナを探す旅にでます。その姿を見るとアンジーが一人立ちしウテナのような強い心を持てたのだと感じとれました。このアニメは主人公の美人で男にも負けない女の子だったのでかなり夢を見ることができるアニメだと思います。そして大人になってから見直すと美形のキャラクターが多いのでつい好きになってしまう男性キャラクターもでてくると思います。