『旅するジーンズと16歳の夏』

(2005年)

原題:The Sisterhood of the Traveling Pants

国:アメリカ

時間:119分

監督:ケン・クワピス

脚本: デリア・エフロン、エリザベス・チャンドラー

出演者:アンバー・タンブリン、アレクシス・ブレデル、ブレイク・ライヴリー、アメリカ・フェレーラ 他

【ストーリー】

 アメリカ・メリーランド州。幼馴染で仲良しの4人組、カルメン(演:アメリカ・フェレーラ)、レーナ(演:アレクシス・ブレデル)、ティビー(演:アンバー・タンブリン)、ブリジット(演:ブレイク・ライヴリー)は16歳になった夏休み、はじめてバラバラで夏休みを過ごすことに。カルメンは父を訪ねてサウスカロライナへ、レーナはおじいちゃんが住むギリシャへ、ティビーは地元でアルバイト、ブリジットはサッカーの合宿へ。離ればなれで暮らす4人のひと夏を繋ぐのは、ちょっと不思議なジーンズ。果たしてどんな夏休みになるのか―。

【感想】

 ずっと見たいと思っていた『旅するジーンズと16歳の夏』をやっと見ました。この映画、アメリカ人の作家、アン・ブラッシェアーズという人が書いた『トラベリング・パンツ』という小説を原作にしています。小説の方はシリーズ化されており、4作まで日本語訳されています。私は小説の方も読みましたが、原作のイメージを壊さずにうまく映画化されています。そして、一見ティーン向けなのですが、扱っているテーマは「家族の愛」を扱っているため大人でも楽しめます。

 映画のテーマは「愛」ですが、それぞれの「家族の愛」と主人公4人組の間の「親友の愛」という2本軸で描かれています。

 そして、出ている女優さんたちが大変ゴージャスです!この映画がつくられた当時、ブレイク・ライヴリーは一番知名度がなかったのですが、今や大女優になりました。この頃からとっても美人です!

 ストーリーも面白いし、映画を見た後、昔の友達に会いたくなります。

とってもおすすめです。