あこがれる大人の男「仮面ライダー響鬼」

独特なカメラワークと映像の演出に興味をそそられ、ついつい物語の中に引き込まれてしまいます。 響鬼は音で戦うライダー(?)という事もあったせいか、ミュージカル仕立てのシーンが有りましたが私は中々なじめず、なれるまでに少々時間を要しました。 話数が進むにつれてミュージカル仕立てのシーンは、減っている印象です。 たまに登場人物が口ずさむ耳慣れた、動揺の替え歌が登場する程度になっていましたね。 「和」のテイストを基調としたシリーズとなっているので、筆字のカットが挿入されたりなど色々新しい試みが見られます。 鬼達の... Read More