映画「怒り」

2016年に全国が公開された日本映画「怒り」。豪華キャストでも注目を集め、その斬新でメッセージ性の高いストーリーからも大ヒットとなりました。

私もこの映画を劇場で観たいと思っていたのですが、タイミングが合わずDVDを借りて見ました。

森山未來、宮崎あおい、渡辺謙、綾野剛、広瀬すず、妻夫木聡、といった名だたる実力派俳優陣の演技力は圧巻でした。そして主役級の俳優陣が集まっているのにも関わらず誰かが目立ちすぎることもなく、物語の世界に浸ることができました。

物語の始まりは、東京・八王子の殺人事件です。犯人は被害者である夫婦を殺害後逃走します。警察の捜査は、ついにメディア公開捜査となります。

この事件の犯人は誰なのか、ということを軸に物語は進んでいきます。

「信じる」という単純なことがいかに難しく、意味を持つことなのかこの映画は教えてくれます。正直、あまりにも生々しい描写の数々に目を背けたくなるシーンもあります。見終えた後はしばらくぼーっとしてしまうほどです。それでも、この映画が好きなのは、この映画が“現実”そのものであるからです。全ての人を平等に信じたいけれど、疑わなければならない今の現実。強烈なメッセージ性をこの映画で突きつけられ、どう消化するか、それは映画を観終わっても答えは教えてくれない。

現代の映画にそれほどまでに、メッセージ性を観客に突きつけてくる映画は珍しいです。私はこの映画から信じるということの大切さ難しさを学びました。